グローバル イノベーション フォーラム

グローバルイノベーションフォーラムは、集中ワークショップと国際シンポジウムの2部構成になっており、EDGEプログラムSFCコースに申請する前に参加が義務づけられています。

 

2016 Workshop

Day 4 small2017年ワークショップは只今申し込み受付中です。詳細は2017年のウエブサイトをご覧ください
このグローバル・イノベーション・フォーラムの期間には、ビジネス・デザイン・社会イノベーション・テクノロジーなどの多岐の分野から集まった、学生・社会人・ビジネスリーダーが一堂に会します。ワークショップを通じ創造的なビジネスを作り上げ、それらを維持するために欠かせない「道具」としてアイデアの創造やビジネス計画、どのように開発者や協働者にアイデアを伝えるか、という点を理解することを目的にしています。同時にこのイベントは、EDGEプログラムの鍵となる「頭を柔らかくして物事を観察し、人とコラボレーションすることで生まれるビジネスのアイデア」を紹介するチャンスでもあります。

グローバル・イノベーション・フォーラムには、様々な分野からの参加者が、頭を柔らかく、そして好奇心を持って楽しみながら物事を創造する場が用意されています。

 

 集中ワークショップ

本コースの基本的概念を最も効果的に理解していただけるように、年2回、春と秋に集中ワークショップを実施しています。この2回は、内容は基本的に同様ですが、春の集中ワークショップはSFCコースが、また秋はSDMコースが主催しています。通常、ワークショップは40人~60人程度の参加者で3〜4日間にわたるグループワークを基本に、英語によるコミュニケーションで進められます。

シンポジウム

イノベーションを目指す異分野の人々の交流を促進し、新しいアイデアと新しい協働者との出会いを手助けすることがシンポジウムの目的です。誰でも参加可能な一般公開シンポジウムですので、様々なビジネス分野や社会的活動分野からの参加をお待ちしています。

EDGEプログラムSFCコースで学習した学生には、そのプロジェクトの活動成果を最先端のビジネス、創造、テクノロジーのリーダーの前で、プレゼンテーションしていただきます。フォーラムの自由な議論やコメントの場を通じて、参加者のプロジェクトがさらに発展し、より新しいアイデアが生まれることを期待しております。

集中ワークショップおよびシンポジウム「シンク・メイク・コミュニケーション」を開催いたしました。このシンプルなタイトルが表現している我々の意図についての詳しい情報は、イベントのウェブサイトをご覧ください。

March 2015,     March 2016


microsoft presentation techniques small   

Day 3-4    Day 2-2

sign language innovatoe    reverse innovation small

GXN small